2017年初夏のポーランドへ 34.ザコパネの街探検

下山してザコパネの街をぷ〜らぷら

メインストリートのクルプフキ通り
d0158258_12454957.jpg

賑わっています
小さなshopやカフェやレストランやお土産さんが連なっています
名物のヤギのチーズを売る屋台も
d0158258_12455077.jpg


山の上でさすがに何か食べないと山を歩けない!と、アップルケーキを食べましたが、まだ、お腹空いてる
d0158258_12455143.jpg

このピザはパリパリ系


木造教会があるというのでそちらへ
ザコパネスタイルの旧教会
d0158258_12455138.jpg

d0158258_12455261.jpg

裏には古い墓地があります

d0158258_12455395.jpg

d0158258_12455373.jpg

d0158258_12455484.jpg

d0158258_12455554.jpg

d0158258_12455502.jpg

どれもユニークで楽しそう
それぞれにスタイルがあり、自由なんですね〜
こんな墓地初めて見ました
まさにフリースタイルなお墓
自由っていいな



[PR]
# by suisuiringo | 2017-06-23 12:28 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 33.大カスプロヴィ山

山へ行きます
バスターミナルまで戻らないとミニバスに乗れない?と思ったらホテルの方が近くのバス停から乗れると教えてくれました5月3日通り、という所です

Kuzniceクジニツェと書いてあるバスが来ました
乗ります
終点で下車
ロープウェー乗り場には既に長蛇の列
d0158258_12274172.jpg

最後尾につきました
実はチケットをネットで買えるとあったので、挑戦するものの、できませんでした
ホテルプゲトゥの受け付けの女性にも相談して一緒にホームページから購入しようとしてもできず
で、並ぶの覚悟で来ました
本当はこの列見て、一瞬引き返そうかと思ったり

水をホテルに置いて来てしまったようです
隣のオレンジ色のTシャツを着たおじさんに、ちょっと水を買ってくるので、この場所取って置いてくださいと、お願いして、水を買いに走る
大きなボトルにしました

炎天下の中、切符買って乗るまで2時間半
なぜ?こんなに時間がかるのか?
と思ったら、ロープウェーが来ないと、窓口で切符も売らないのです
乗る前に初めて窓口で買えるというシステム
でも、誰も不平を言う人はいませんでした
静かに待つ、待つ、待つ

ここはスロバキアも含めて《タトリ国立公園》
なのです
ポーランドの人は行きはロープウェーで、帰りは1日かけてゆっくり下山して楽しむようです
もちろん、行きから登る人もいて、山スタイルの人も沢山いました

ロープウェー^_^乗って、おりて、また乗って
たどり着いた際は
d0158258_12274128.jpg

d0158258_12274229.jpg

d0158258_12274262.jpg

d0158258_12274385.jpg

d0158258_12274413.jpg

d0158258_12274423.jpg

d0158258_12274564.jpg

d0158258_12274691.jpg

d0158258_12274666.jpg



どこから見ても、どこを見ても絶景なり
もちろん、冬にはスキーのメッカになるそうです

[PR]
# by suisuiringo | 2017-06-23 12:07 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランド 32.ザコパネへ

6泊もしたホテル・プゲトゥ
何だか名残惜しい

今朝はポーランドの南、スロバキアとの国境に近いザコパネへ移動です
バスで行きますが、気がついたらポルスキーバスの良い時間がなかったので、事前にチケットは買っていない
当日乗るバスは事前に確認済み

移動するという緊張感より、またまた3時に起床
では一番早い5:50クラクフ発に乗ろう
駅まではトラムの切符が一枚残っていたので乗るものの、途中下車して、気持ちの良い朝の散歩しながら駅へ
d0158258_12060366.jpg



あんなに賑わう道もまだ静か、こんなの発見
d0158258_12060308.jpg



予定通りのバスに乗り2時間ちょい
バスの車窓から
d0158258_12060408.jpg

d0158258_12060573.jpg

この辺の家は3階建てが多く、可愛い形


バスは鉄道駅の隣のターミナルに着き地図で確認するものの、わからずおじさんに聞く
あー、この道を目指すのね
まっすぐ行けばメインストリート
ホテルは数ある素敵なホテルからりっちで選びました
探しやすいところ、一泊なので移動も簡単に

ザコパネスタイルのホテル・サボワ
d0158258_12060569.jpg

d0158258_12060692.jpg



部屋の内装も気に入ってたの
d0158258_12060797.jpg

d0158258_12060755.jpg

d0158258_12060833.jpg

d0158258_12060892.jpg

ほらね、素敵すぎる
まだ朝の9時なのに、もうお部屋のご用意がされていますと、中に入れてもらえた
ブッキングコムをたくさん利用しているので、genius会員となり、このような特典があります
良かった、荷物を置いて
受け付けの女性に山まで行くバス停を聞き、明日のクラクフまでのバスの時刻表をもらい
さぁ、外へ行きましょう


[PR]
# by suisuiringo | 2017-06-23 11:42 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 31.アウシュビッツまで来たよ

ビルケナウはあまりにも広大で
全て回るには3時間は必要と思われます
このくらいでいいか、という所で終えました
もう、入った所から胸が苦しくて
時折なみだも流れましたが
とにかく、苦しい

そして、アウシュビッツへ
入り口でチケットを見せ中に入ると、空港の出入国検査のように、持ち物検査します
英語ツアーは突き当たりを右へ
そこでイヤホンガイドを受け取る
15分ほど時間があったので、係の方が映画が今始まったばかりなので先に見ませんか?と
皆さん入って行くので私も入りました

収容所の当時の記録、映画で撮ってあったのですね
生々し過ぎる映像


それが終わって、イヤホンガイドをセット
苦手なイヤホンガイドです!
あたふたしていたら、となりにいらした、ベルギーから車で来たというご夫婦のご主人が世話してくれました
年配の方、いや、同じくらいかも、笑

チャンネル3にセットして!と言われたのに、なかなかダイヤル動かないし、小さすぎて数字が見えないし、もっと、力入れて!とご主人に言われ、動かしたら、2だよ、と、数字もわからない日本のマダム
セット完了後に大丈夫?と確認していただき、本当にお世話になりました
さあ、ツアー始まります
d0158258_03235870.jpg

《働けば自由になる》という文字
d0158258_03235982.jpg

d0158258_03235971.jpg

d0158258_03240058.jpg

d0158258_03240124.jpg

d0158258_03240157.jpg

d0158258_03240293.jpg

d0158258_03240218.jpg

d0158258_03240315.jpg


こんな悲惨な中にも生存者はいる
d0158258_03240317.jpg



ツアーは2時間弱
英語は部分的にわかったり、わからなかったり
英語に集中していたせいか?
その前にビルケナウを歩いたせいか?
負のエネルギーを感じ過ぎたせいか?

終わってからは一刻も早く帰りたくて
来た時に写メしておいた帰りのバスの時刻表を見ると14:25のがあります
あと5分
急いでバス停に向かい、帰りました
バスの中では屍のように
ぐったりと、ただ疲れ、口もきけないほど
まぁ、誰ともおしゃべりしないけど

自由なクラクフに帰って来ました



[PR]
# by suisuiringo | 2017-06-22 03:04 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランド 30.ビルケナウに立つ

今日はメインイベントのオシフィエンチムへ

日本ではアウシュビッツと呼びますが、それは収容所の名前で、こちらではオシフィエンチムという都市の名前が一般的なようです

ネットで事前にチケットは買っておきました
日本人ガイドさん、1人だけおりますが、どの日も団体が入っていてガイドは頼めませんでした
なので、英語ツアーで参加 45ズロチ 約1500円
12:30
15分前に集合
30×20×10センチ以上の荷物は持ち込めないとの注意がメールで送られてきました

なので最小の荷物で
日本から小さなポシェット持って来るはずが忘れ、ダウンベストを入れていた袋にお財布と眼鏡とiPhoneを入れました
パスポートは首から下げ

クラクフからはバスの方が便利、鉄道駅は離れている、ということで、バスターミナルからバスで移動
でも、バスは時間遅れる場合もあるので、早めに着いてもいいか〜と8:40のバスに乗りました
チケットはバスの中でドライバーさんから買えます、カード払い
水を買おうと思ったのに、バスがすぐ来たので買えず


1時間半で到着
着いた時には脱水症状
すぐにトイレに行き、水を買う
にしても、あと2時間半もある
インフォメーションへ行き、ビルケナウのバスの乗り場と、どのくらい遠いかを聞く

ビルケナウはナチスがアウシュビッツの後に建てた、アウシュビッツから2キロ離れた場所にある広大な収容所
そちらは無料、アウシュビッツから無料のバスが出ています

先にビルケナウに行くことにしました
バスで五分、来る時に降りた場所からバスが出ます
夏は10分おき
d0158258_02534248.jpg


d0158258_03032544.jpg

d0158258_03032695.jpg

d0158258_03032794.jpg

d0158258_03032770.jpg

d0158258_03032814.jpg

d0158258_03032885.jpg

d0158258_03032974.jpg

d0158258_03033083.jpg

d0158258_03033024.jpg

言葉は要らないね


[PR]
# by suisuiringo | 2017-06-22 02:38 | 旅・風景 | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧