<   2013年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

日曜日

晩秋~おしゃべりに出かけました
d0158258_2132050.jpg



朝に晩にまだまだパン(肉まんのぱん、まんとう)の膨らみ方を研究中
一度鍋の水を沸騰させた何も入っていない蒸篭の中に予備発酵種を入れてみた
d0158258_21354559.jpg

すぐにぶくぶく
なぜ今まで気がつかなかったのかしら~?
生地発酵もこれでいけます

お試しあれ~
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-30 21:37 | くらし | Comments(0)

多摩支部初でした

第10回肉まん同好会~多摩支部
お陰様で無時に終了いたしました

多摩川から雪をかぶって真っ白な大きな富士山を見て感激
≪おっきいね~!≫って最近の孫の口癖が浮かんできました
いつもベランダから見る小さな富士山なので、大きいとうれしくなります

駅を降りると山のにおいがしました
いつも不思議なこの創られたきれいな街

2年前の柏の大餃子教室でいらした方も見え
ものすごく個性的な方もいらして
つくる、食べる、しゃべる、笑う、笑う、笑う~の同好会でした

多摩支部~そらいろ~で行う会もとても雰囲気の良いもので
繋がったご縁に感謝しております
参加された皆様ありがとうございます
次回は餃子~と予約していただきました
d0158258_8143458.jpg

いくちゃんのデザートは絶品でした
d0158258_815828.jpg

おみやげ付き!こちらも絶品で大満足
d0158258_8152298.jpg

画像が入らないのであとでまた入れてみます
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-30 08:12 | 手作り餃子普及活動の会 | Comments(2)

りんごちゃん 落ち葉を踏む

12歳の晩秋
d0158258_2230351.jpg

[PR]
by suisuiringo | 2013-11-28 22:31 | りんごちゃん | Comments(0)

ヴェネチア ムラーノ島

ブラーノ島からヴァポレットで30分ほどでムラーノ島につきました
ここはヴェネチアン・グラス工芸の博物館や吹きガラスの工房、ガラス製品の専門店で有名ですよね

海に浮かぶガラス工場
d0158258_21302235.jpg

d0158258_21295458.jpg

古い建物ですが~水につかったままで大丈夫なのかしら~
d0158258_2130458.jpg

このイラストがいい感じ
d0158258_21303692.jpg

ガラスショップが並んでいて、カフェやレストランもあり、観光の島です
ガラスの体験もできるようです

ガラス製品は持ち帰れないからお買い物はなしです
シャンデリアのお店があり、それはそれは豪華でした、が
古いガラスにはときめくのに、新しいガラスにはあまりときめかない・・・・

これから本島に帰りましょう~
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-28 21:39 | イタリア レポ | Comments(0)

ヴェネチア ブラーノ島

トルチェッロ島からブラーノ島へ ヴァポレットに乗って10分位
(後で知ったのですが、この反対のブラーノ→トルチェッロのほうがヴァポレットの便数が多くスムーズに移動できたのでした)
トルチェッロは人気が無いのかと思ったら、ヴァポレットからたくさんの観光客が降りてきました
未だ、時間が早かっただけですね~

ブラーノ島と言えばヴェネチアン・レースと漁業の島です
霧に包まれる冬でも自分の家を見分けられるようにと家々がカラフルに塗られています
d0158258_7593322.jpg
d0158258_759491.jpg
d0158258_7595927.jpg

レースのお店
安価なおみやげだと中国産だというので、見るだけで終わりました
d0158258_812948.jpg

ここでもカーニバル用の衣装が
d0158258_82054.jpg

街の一部がアックア・アルタで通れない状態でした(秋から春にかけて起きる以上高潮状態)
こんなふうになるんですね~
d0158258_821420.jpg

この島もどこまでいってもカラフルな家が並んでいました
レースのお店もカフェもレストランもたくさんあって観光地です
ちょっと歩くともう反対側に出てしまうくらいの小さな島
本島とはかなり違う印象ですね
こうやって見るとかなり≪夢の国≫

この後はムラーノ島へ
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-28 08:07 | イタリア レポ | Comments(0)

ヴェネチア トルチェッロ島

ホテルから近いヴァポレットの停留所から一番遠い島へ行きます
ここへはダイレクトで行くのかと思ったら、その前のブラーノ島で乗り換え

トルチェッロ島は最初に人が住み着き5~10世紀にはヴェネチアの中心地
古い歴史を持つ二つの教会と博物館が残されている・・・・とガイドブックに在ります

ヴァポレットで1時間くらい、無人駅でした
d0158258_20383746.jpg

ここからまっすぐ舗道を行きます、途中数件カフェやB&B(ベッド&ブレックファスト)やレストランがあります
その他はなにもない荒地(他には家族連れが一組)
d0158258_20403172.jpg

d0158258_20404763.jpg

古い教会とはこれですね
d0158258_2041781.jpg

早朝なのでまだあいていませんでした
こんな感じはまるで映画のセット?のようです
d0158258_20415549.jpg

途中のカフェでエスプレッソを一杯飲んでトイレ休憩
さあ、次のブラーノ島へいくぞ~
d0158258_20424178.jpg

見えるんですけど・・・・バポレットはあと1時間後でした
ここで、ぼ~っと一人で過ごしました
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-27 20:46 | イタリア レポ | Comments(0)

ヴェネチア 本島街歩き

ヴェネチアの一番のにぎわっているリアルト橋あたり
d0158258_757427.jpg

ブランド通りもあるけど、こんな雰囲気たっぷりのお店もある
d0158258_7574926.jpg

カーニバル用のお店も、こんなドレスを着ていても違和感ないね~ここでは
d0158258_82244.jpg

Jazzのお店も発見~天井に注目!そう、ブラジャーでございます
d0158258_759991.jpg

観光用だけではなく生活用の様々なお店もあります、こちらは不動産屋
d0158258_7595036.jpg

迷路のような小道にお店がぎっしり、裏道にもあり、何回も通ううちにようやく道を覚えました
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-27 08:02 | イタリア レポ | Comments(0)

ヴェネチア バールで一杯

ヴェネチア到着の夜
ふらふらと歩き疲れ、おまけに暑かったので一杯飲みたくなりました
ホテル近くにバールがあり入ってみました
ダンディなマスターがいます
d0158258_22132288.jpg

ここは観光客よりも地元の常連客が多いようで
初めは私一人しかいなかったのに、仕事終えたおじ様たちが、一人、二人と立ち寄っていきます

エスプレッソをきゅっと飲んで≪チャオ!≫って帰っていくおじさま
カウンターに現れたら、注文も聞かず、いつものを出すマスター
今日の出来事など、ちょこっとおしゃべりして、飲んで、帰っていきます
そんな光景を見ながら、赤ワインを2杯もいただきました
カウンター料金だと、ワイン1杯2ユーロです
ガラスケースに入っていたサンドイッチも美味しそうだったので追加
d0158258_22133479.jpg

なんだかいい感じの夜だな~ってほろ酔い気分でホテルに帰りました
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-25 22:17 | イタリア レポ | Comments(0)

風景71

ヴェネチアの夕暮れ
美しすぎてしばらくぼ~っと見とれていました
d0158258_21411191.jpg

[PR]
by suisuiringo | 2013-11-24 21:42 | 旅・風景 | Comments(0)

ヴェネチア ワクワクが止まらない

ヴェネチア・サンタ・ルチア駅に着く前海岸線を走り、札幌から小樽への車窓をちょっと思い出しました
駅に降り立ってすぐ前がこれ
d0158258_2123793.jpg

何これ~ディズニーシー!
いや、いや、こちらが本物
もう、なんだかワクワクしてきました~
すぐにヴァポレット(水上バス)の72時間チケットを購入

ヴァポレットに乗っていくって言うのもなんだかディズニーランドにいるみたい!
そして、こんな風景
d0158258_2125844.jpg

d0158258_21253673.jpg

今まで写真やテレビで見ていた風景が目の前にあります、不思議な感覚
と思ったら、降りるはずの停車場でヴァポレットが止まらず、次で降りました
予想外の事で、ひえ~
重いリュックを背負ったまま、いきなりヴェネチアの細い道をくねくね
途中でお店の中国系の女性に道を聞きました
もう少しかな~と小さな広場でふと後ろを見ると、看板が!
ホテル名と矢印があります
d0158258_212952.jpg

なんという、幸運!
(画像が知らずうちに度々ジオラマモードになってしまっていました)
この看板が無かったら絶対わからないよね~だってホテルの入り口はこんなところなんです
d0158258_2131441.jpg

この道の真ん中あたりの右側が玄関です
このあたりの小さなホテルは皆こんな感じです
高級ホテルは運河のあたりにわかりやすくありますが、宿泊代がとんでもなく高額でホテル探しの時に何度もびっくりしていました

ホテルで地図をもらい一通りの観光の説明を聞き、その日はすぐに外に飛び出しました~
[PR]
by suisuiringo | 2013-11-24 21:36 | イタリア レポ | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧