カテゴリ:イタリア レポ( 37 )

ローマの地下鉄で見てしまったもの

ローマ到着後、徒歩でコロッセオまで行き、帰りは地下鉄でホテルに帰ろうとしたとき
コロッセオ駅からローマまではすごく混雑していました
世界中から観光客が来るのですからね~

ナポリで出会ったイタリア人や、オルヴィエートで出会った在住の日本人にも
皆さん≪くれぐれもローマではスリに気をつけるように!特に地下鉄!≫
と言うのを気にして、車内ではしっかり真ん中のポールにつかまり
ショルダーバッグもしっかり手でつかみ、神経も高ぶらせていた時
ローマ駅に着いてドアが閉まる瞬間
少年たち5人が乗り込んできて
そばに立っている男性がドアを開けるのを手伝った時
その中の一番年初の小さい子が、同時にどの男性のズボンやジャケットのポケットをまさぐっている?
男性はポケットを押さえている
と同時に乗るのかと思えば乗らずに出て行ったのでした
その間ほんの数秒間
≪こ、これはスリ?≫とすべてを理解するのに時間がかかりました
そうです、スリの手口でした
その男性は日本人で、隣にいた連れの同じ日本人の男性に≪大丈夫でしたか?≫
≪うん、大丈夫だよ≫と答えていました
アジア人に見えても外国では、どこの国の人かはわからないので、日本人だということにこちらもびっくり
(イタリアの地下鉄ではドアのそばに立つのは危険です)
心の中で
≪うわぁ~!見ちゃったよ!≫と叫ぶ
ホテルに帰ってフロントのお兄さんにこのことを話してみると
≪それは、イタリア人じゃないんだよ、ジプシーだよ
ジプシーは学校にも行かないし、働きもしないから犯罪をするんだ≫

そういえば、イタリアもですが、スペインやフランスでもジプシーには気をつけるように言われますね
その背景はちょっとわかりませんが、とても切ない気がしました
その子達はどう見ても小学生か中学生か?位の子達です
そりゃあ、教育が無ければ仕事もないでしょう
公共の電車やフニクラでも若いジプシーの女性が赤ちゃんを抱っこして
≪この子は病気です、お恵みを≫と言うようなことを言って(イタリア語でそういうような感じ)
空き缶にコインを入れてもらうよう、お客さんの前を回ります
そんな風景を何度も見ました

観光客の多い、地下鉄やバスの中でスリは必ずいる!と思ってイタリアでは要注意です
行かれる方はくれぐれも気をつけて下さいね
私は13日間怖い思いはしなかったのですが、ただ、ただ、ラッキーだったのかもしれませんね

一年前の出来事でした
d0158258_23103893.jpg

どこもかしこもペイントだらけ~
[PR]
by suisuiringo | 2014-11-12 23:12 | イタリア レポ | Comments(0)

オルヴィエート地下洞窟ツアー

オルビエートでは朝早くチビタに行って午後からは地下洞窟ツアーに参加
大聖堂の前のインフォメーションオフィスでチケットを買います
ほぼ毎日、一日4回ほど開催されます
ガイドさんについて徒歩で1時間くらい
英語かイタリア語のどちらかなのですが、もちろん英語の方を選択
なんとか耳をダンボにして聞き取ろうとがんばりました

地下は古代から街全体に迷路のように掘られています

中世の頃はオリーブオイルの搾油所であったり、鳩の飼育部屋であったりしたそうです
d0158258_73718.jpg
d0158258_7372763.jpg

鳩は朝起きると外へ飛んで行って自ら餌を探し、夕方になるときちんと巣に帰ってくるので手間いらず
しかも鶏肉より安くおいしいと人気があったそうです
地下を利用することで天空の街の土地の狭さを2倍にして利用するだなんて
先人はとても聡明ですね

こ~んななってるんだ~ととても不思議な体験をしました
[PR]
by suisuiringo | 2014-08-23 07:41 | イタリア レポ | Comments(0)

チヴィタ・デ・バニョレージョ

天空の街オルヴィエートからさらにバスで1時間くらい
チヴィタ・デ・バニョレージョ
チヴィタと言うのは集落と言う意味だそうで、バニョレージョと言う街の中の集落

d0158258_911597.jpg

現在は舗装されていますが、昔は土の道を馬車で移動していたとか
坂道なので、夏でも少し滑る所がありました
冬の凍結した道はどうなんでしょう?
この長い道の手前に入村料を払う小屋があります

この集落に入るには門をくぐります
d0158258_912454.jpg

お~まさに中世の時代の物語の始まりです
d0158258_9131721.jpg
d0158258_913148.jpg

朝一番のバスで行ったため、人がいない!
集落には数軒、おみやげやさん、レストラン、宿があります
居住している方も数人いるようです
集落の端っこまで3分くらい
こんなかんじです
d0158258_9143140.jpg

ちょうど帰るころにツアー客がたくさんやってきました
静かな集落と、朝もやに包まれた天空の街を見られてよかった~
d0158258_9152383.jpg


こちらのバスの時刻表などもアーモイタリアで情報を得ました
ローマまで行くことがあったら是非お勧めです
今写真を眺めていても、夢だったかしら~?と思うくらい素敵でした
[PR]
by suisuiringo | 2014-08-21 09:17 | イタリア レポ | Comments(0)

イタリアを自由旅行するなら必見です

イタリアを自由旅行すると決めてから
ガイドブックを2冊買い、読み漁り
ネットでも情報を得ました

その中でとっても役に立ち、イタリア旅行のバイブルとでもいうべき
アーモイタリア
これを立ち上げた方がオルヴィエートに数年住んでいらしてここを知りました
それでオルヴィエートとチヴィタ・デ・バニョレーゼは必ず行かなくては!と
ローマを2日減らしてまで(結局ローマは1日半になりました)
ここの質問コーナーがとても役立ちます
d0158258_180527.jpg

ガイドブックにも書かれていない最新の情報が満載
本当にお世話になりました
[PR]
by suisuiringo | 2014-08-19 17:59 | イタリア レポ | Comments(0)

オルヴィエートの職人さん

オルヴィエートは観光地なのですが、夕方早い時間にはもう人がいなくなります
お土産屋さんも5時には閉店
冬のその頃には真っ暗になり、暗い石畳みの小道も何だか心細く歩いていました
B&Bに帰る途中に見つけた街のはずれにある小さなお店
黄色いぼんわりしたあかりに導かれました
d0158258_8255157.jpg

d0158258_8261198.jpg

B&Bの白い壁に飾られていたテラコッタの飾りがとても素敵だったのでひとつ自分に欲しかったのですが
ここで同じようなものを見つけました

小さな壁掛けを一つ購入したのですが
この雰囲気有る職人さんが時間をかけて何やら包装してくれました
帰国してその包みを開けると、とっても素敵にラッピングしてくれていて
あのおじさん、こんなことしてたんだ~と思うととつい、にやにやしてしまいました
あの黄色い灯りの中でものづくりをしているおじさん
お店の中にいると、物語の中にいるように感じました

映画にでてくるようなイタリアの小さな村の小さなお店です
[PR]
by suisuiringo | 2014-08-19 08:25 | イタリア レポ | Comments(2)

オルヴィエートの白ワイン

ローマから列車で70分
丘の上の要塞都市オルヴィエート
駅からはフニクラに乗り換え丘の上に到着
d0158258_17475395.jpg

ここは世界的に白ワインが有名だとか

一人ではなかなかレストランに入る機会が無いのですが
たまたま知り合ったアメリカ人夫婦とエノテカ(ワインレストラン)へ
d0158258_174917.jpg
d0158258_17491042.jpg

黒猫の旗があったので、日本へ航空便で送るのでしょうね

生涯で一番!と言っても過言ではないくらいのびっくりするほどの美味しさでした
残念ながらおしゃべりに夢中になってラベルを見てくるの忘れました
また、白ワインを味わいに行きたい!ってくらいの価値があります
[PR]
by suisuiringo | 2014-08-18 17:52 | イタリア レポ | Comments(0)

ヴェネツィアのJazz spot

久しぶりにイタリアレポです

ヴェネツィアにはこんなお店がありました
Jazzを聞けるお店のようです
天井には色とりどりのブラジャー!まさか!ですよね
d0158258_2122576.jpg


夏は蚊はどうなんだろう?気になります
冬でも蚊がいるので、きっとたくさん?
お泊りの予定の方は是非蚊対策を~

ツアーだと滞在時間が少ないようですが、是非お泊りをお勧めします
まるで童話の世界のような小道とお店
桟橋でぼ~っと夕焼けを見て下さい
[PR]
by suisuiringo | 2014-08-16 21:25 | イタリア レポ | Comments(2)

守っています

ローマ ヴァチカン市国の衛兵
制服の色使い、柄~日本とは全く違います
d0158258_749741.jpg

[PR]
by suisuiringo | 2014-07-11 07:50 | イタリア レポ | Comments(2)

ナポリのホテル

ナポリの駅からバスに乗って停留所に降りて
ホテルがなかなか見つからず、歩いている男性に道を聞いたんだっけな~
一緒に探してもらったんだけど、結局降りたところにホテルがあったのでした
一ブロック、ぐるりと回っちゃったわ
一人で来たと言ったら(見ればわかるけど、バックパックだし)びっくりして
友人にもとても危険な目に遭った人が何人もいるから、本当に気をつけて~と言われました
泊まったホテル
4階の角から3番目の丸い小さなバルコニーがついたところ
d0158258_20224950.jpg

3ツ星で外観はごく普通だけど、機能的でシンプルでどこへ行くにも便利だった
隣の教会の鐘の音に癒されました
(このホテルの下が降りたバス停留所)
バルコニーからはカステル・ヌーボーが見えます

ナポリは怖がりながらも危険な目に遭わず(奇跡的なのかも??)
想像以上に素敵な所だった
とてもエネルギッシュな街、大阪に似てる・・・かもしれない
北のミラノやフィレンツェとは全く違う街~とても魅力的だったです

次に行く時があったら、是非港から船に乗ってカプリ島に行ってみたい
[PR]
by suisuiringo | 2014-04-15 20:32 | イタリア レポ | Comments(2)

ナポリのビル

イタリアは世界遺産などの他は
どこでも落書きで一杯
電車もローカル線はこんな柄なの?っていうくらい
思いっきり書かれている

でもこんなのはいいよね
d0158258_203587.jpg

[PR]
by suisuiringo | 2014-04-15 20:04 | イタリア レポ | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧