カテゴリ:旅・風景( 407 )

2017年 台湾研修旅行 焼き餃子を食べるの巻

九份からバスで台北に戻り
ホテルに荷物を預け、身軽になって行った先は
d0158258_00430814.jpg

ガイドブックで見つけた焼き餃子屋さん
創業1926年
カリカリの焼き餃子は庶民に愛されているとか
中国、台湾では餃子と言えば
蒸し餃子か、水餃子が普通ですが
焼き餃子はどうかな?という私の疑問

お店を発見
並んでいない、空いていますよ
d0158258_00430909.jpg

d0158258_00431052.jpg

メニューが光ってしまったけど
20個入りの焼き餃子とビール一本を注文して
d0158258_00431145.jpg

お、ビールかクラッシックと来たもんだ
d0158258_00431164.jpg

来た〜‼️
d0158258_00431208.jpg

ツーショット

でもね、これ、焼き?
揚げてあるよね
揚げ餃子でした〜‼️

香ばしい
d0158258_00431372.jpg

辛味は豆板醤、ティッシュ乗ってます
d0158258_00431302.jpg

中はこんな感じ
美味しいよ、でも、重くて私は6個が限界
アッキーはなんと、9個も食べてくれた
ど、どうする?
ガイドブックで、台湾ではスープでも持ち帰りできるとあったので
残り5個はテイクアウトにしてもらいました
その夜にアッキーのワインのつまみになりました

店内は続々とお客さんが増えて、満席に近くなりました
他にも日本人の観光客や、地元のお客さんでいっぱいなのて、間違いなく、町で人気の餃子屋さんというのは間違いなし

台湾や、中国人 ではやはり、蒸し餃子か水餃子がメインなんだな〜と勉強になりました
これは、日本の焼き餃子ではなく、どちらかと言えば、別バージョンの揚げ餃子です

焼き餃子また、チャレンジしてみます
[PR]
by suisuiringo | 2017-01-09 00:32 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年 台湾研修旅行 九份から台北に移動するの巻

一夜明けての九份
大きな窓からは霧が出て
d0158258_00314173.jpg

霧がかかったり、抜けたりを見ながら
まるで雲の上に寝ているようでした

徒歩五分の朝食会場のカフェへ
d0158258_00314163.jpg

d0158258_00314230.jpg

軽い朝食
ここで食べようとしたけど、昨日はあんなに暑かったのに今朝は肌寒い
d0158258_00314397.jpg


ありがとう、B&B
d0158258_00314424.jpg

とっても素敵だった
d0158258_00314436.jpg

昨夜はセブンイレブンでワインを買い込み
外のベランダでアッキーと飲みながら語ったっけ

d0158258_00314598.jpg

ここを開けると
d0158258_00314632.jpg

上、私たちの6号室と下のお部屋に分かれます
下のお部屋には家族連れが泊まっていました
偶然ここで出会い、子供達が、僕たち下にいるよ、と中国語で言ってました

旅は宿で決まると思います
ここは1人では泊まれないけど
色々と部屋のパターンが違うので
人数によって、部屋選びすれば
なかなかの、おすすめです
眺望抜群‼️
別荘感覚

九份は隅から隅まで何度も行ったり来たり
あそこにあの店があるな、とか
あそこは、臭いがきついな、とか
もう、充分満喫しました
やはり、夜の九份は素敵です
但し、店は19時には閉まるので
20時には日帰りの観光客が帰って空いてくるのですが、提灯の明かりもだんだんと消えて来るので
そこが、残念

離れた公園からの夜景
d0158258_00314657.jpg


チェックアウトして
セブンイレブンの上のバス停へ
まだ、9時くらいなのに、もうものすごい混雑
この頃、雨も降って来て
皆さん、観光に来るのだから、反対に台北に戻るバスは空いているのではないか?
という、予想的中

バスに余裕で乗り込み台北へ
この計画は成功でした
台北では、雨もなくラッキー

一旦、1泊目のホテルに戻り、荷物を再度預けていさ、次の計画へ

続く

[PR]
by suisuiringo | 2017-01-09 00:14 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年 台湾研修旅行 九份ワンダーランド

九份とは、日本の統治時代に金鉱山として台湾有数の栄華を極めた街だそうです
その後廃れたものの、《非城夜市》の映画再び脚光を浴びたそうです

夜には
d0158258_23183982.jpg

d0158258_23184033.jpg

d0158258_23184192.jpg

食べ物屋さんも、革工芸や、お土産、洋服屋など、あらゆる種類のお店がひしめき合い
時にはものすごい匂いもして
夏は辛そうだなぁ〜と思いました
まさに、ミラクルワンダーランド

d0158258_23184168.jpg

d0158258_23184232.jpg

d0158258_23184358.jpg

d0158258_23184473.jpg


d0158258_23184574.jpg

d0158258_23184623.jpg

まだまだ、続きます








[PR]
by suisuiringo | 2017-01-07 23:06 | 旅・風景 | Comments(2)

2017年 台湾研修旅行 十分で天燈を上げるの巻

夜中に何度も目が覚めたけど
ぐっすりと寝ての翌朝

ホテルにスーツケースを預けて、一泊の予定で九份へ行きます
まずは、台湾鉄道に乗って十分へ

窓口で切符を買わなくても特急の指定席でなかったら、これで入れます
d0158258_18251932.jpg

台湾のSuicaのようなもの
瑞芳と言う駅で乗り換え、平渓線に乗り換え、1時間半
十分に到着
d0158258_18252040.jpg

d0158258_18252093.jpg


この線路のすぐ脇に店が立ち並んでいて、電車がすれすれを通るので、通るときには歩行者も線路を開けて通過させます

d0158258_18252135.jpg

まずは、せっかくなので徒歩30分で十分瀑布へ
2015年から入場無料になったとか
d0158258_18252288.jpg

ここでしばしの、涼をとります

それにしても、あ、暑い!
d0158258_18252298.jpg


長袖一枚でも汗かきました

十分老街に戻り天燈を上げます
天燈とはランタンのこと
願い事を毛筆で4面に書き入れて
d0158258_18252316.jpg

お兄さんが下に火を入れたら膨らみました
さぁ、手を離して
飛びます!飛びます!
d0158258_18252427.jpg

d0158258_18252517.jpg

朝は少なかったのに、午後になるとこの混雑さ
あちらこちらで、飛んでいますよ
d0158258_18252562.jpg

夜が幻想的でロマンチックな雰囲気でお勧めらしいですが
私達はこれから九份に移動なので
ここで十分を後にします

ここに来て、ようやく、台湾に来た‼️
と言う感じになりました
天燈上げ、楽しかった〜





[PR]
by suisuiringo | 2017-01-07 18:05 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年 台湾研修旅行 永康街でマンゴーかき氷の巻

小籠包でお腹が膨れた後は永康街へ
ガイドブックには
台湾の今と昔が上手にあわさり、独自のムードを醸し出した選りすぐりのレストランやショップがてんざいしている。。。とあります

d0158258_22371100.jpg

d0158258_22371236.jpg

チャイナ服のブティックや

d0158258_22371316.jpg

台湾ムードたっぷりの雑貨屋さん

d0158258_22371327.jpg

こんな昔な感じの服地屋さん

d0158258_22371479.jpg

西洋の雑貨屋さん

d0158258_22371525.jpg

薬屋さんの壁

d0158258_22371604.jpg

傘屋さん

d0158258_22371778.jpg

おしゃれなカフェ

そうそう、外は暖かく
歩いていたら暑くて、喉も乾き
かき氷食べた〜い!
d0158258_22371783.jpg


d0158258_22372076.jpg

これを2人で食べました
どんぶりに入ってきたのでびっくり
200台湾ドル=約800円也
火照った体に氷が気持ち良かった〜

まだ、外は7時頃だけど
朝早く疲れたので早めにホテルに帰って休みます
ではまた、明日〜

ちなみに台湾の時差は日本よりマイナス1時間です




[PR]
by suisuiringo | 2017-01-06 22:24 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年 台湾研修旅行 小籠包を食べるの巻

台湾の小籠包といえばこちらディンタイフォン
d0158258_22213332.jpg

いつも激混みだというので
この時間なら静かに食べられるのでは?
という、台湾熟練者のアッキーの言うとおり
16:30には待ち時間5分
d0158258_22213441.jpg

ディズニーランドみたいですね
店員さんに人数と名前を言って注文書を渡されます
外の↓を見ながら書き入れます
店員さんは皆さん若いお姉さんとお兄さん
日本語できる店員さんは胸に日本の国旗のバッジつけています
他の言語もできる場合には複数の国旗のバッジ
d0158258_22213425.jpg

d0158258_22213522.jpg


調理場を横目で見ながら
d0158258_22213630.jpg

三階へ
店内は綺麗で清潔感たっぷり
店員さん達もしっかりと教育されていて、応対の気持ちが良い
ここのお店の人気の秘密を知りました

まずはビールと前菜で乾杯!
d0158258_22213710.jpg

主役が来ました‼️
d0158258_22213735.jpg

テーブルの上に食べ方のパンフレットがあります
まずは酢3:醤油1を入れ、小籠包を一度ここに入れ
d0158258_22213869.jpg

レンゲですくって刻み生姜を乗せ
がぶり
d0158258_22213902.jpg

おー!これを食べに来たと言っても過言ではない!

ガイドブックにチャーハンも頼むべしとあったので
d0158258_22214096.jpg

絶妙な塩加減とパラパラ感、美味い!
見れば、どのテーブルにもチャーハン有り
ビール二本、小籠包10個、前菜、海老のワンタンピリ辛ソース、閉めて1500台湾ドルでした


食欲全開で帰国してからが怖い現実になりそうです
大満足の小籠包でした




[PR]
by suisuiringo | 2017-01-06 22:03 | 旅・風景 | Comments(2)

2017年 台湾研修旅行 行ってきます

旅の始まりです

一昨年年末のオーロラ物語でお友達になった
アッキーと台湾へ
話が出たのは8月の代々木のベトナム料理屋さんで
煮詰まったのはバルトから帰国してすぐ

台湾へは今回で7回目のアッキーと
ほぼ初の私
子供の頃に家族で行ったけど記憶なし

今回は餃子や肉まん食べての研修旅行
ではでは
行ってきま〜す
d0158258_08431712.jpg


ラインでしか話していなかったから
数ヶ月ぶりに空港で再開し
旅の計画は機内で
という無茶ぶりですが
どうなることやら〜

な、なんと!
ANAでチェックインしたら、私だけ
幼児食を希望になっていて
もう少しで幼児食が運ばれるところでした
えー!選んでないよ
その場でお姉さんが普通機内食に変更してくれました
やれやれ
搭乗前にゆるりと
d0158258_20233449.jpg


[PR]
by suisuiringo | 2017-01-06 08:37 | 旅・風景 | Comments(2)

旅の計画のお手伝い

来年の春に初のヨーロッパ&ひとり旅を計画中のお友達
まだ、記憶も残る私がお手伝い

ヘルシンキ&タリン=5日間

ヘルシンキのホテルはここに泊まったけど
この辺りはどこに行くにも便利よ
と、教えると私が泊まった斜め前のホテルを予約したようです

そこから、木の教会、岩の教会へ行く道順や
港への行き方
おすすめのお店&レストラン
タリンでのおすすめスポットなど
作戦会議
私も復習となり、すべてが懐かしすぎる

ひとりでも予習中
d0158258_07150996.jpg

大丈夫、準備するのは大事
来年の旅楽しみだよね〜

[PR]
by suisuiringo | 2016-11-29 07:09 | 旅・風景 | Comments(0)

秋遠足《奥深い鋸山》その2

下山して平の道がありがたい
山上り始めが9:30
下山が13:30
4時間も歩いてた〜
リーダーがチェックしていた食堂へ
え!!本日臨時休業なり

どうする?駅の方へ行きますか?
そう言えばここって
以前館山行く途中に寄って
大雨の中2時間半待ちだと言われた
《さすけ食堂》の近くでは?
そうでした
名前を書いて待つこと55分
午後2時すぎにようやく昼食
黄金アジフライで有名なこの食堂
リーダーはおすすめの定食を
d0158258_08202678.jpg

d0158258_08202793.jpg

ぷりっぷりのお刺身とアジフライとご飯味噌汁付き

私は海藻が麺に練りこんであるカジメラーメンと半アジフライのセット
d0158258_08202777.jpg

d0158258_08202875.jpg

ラーメンの塩味がちょうどよく、アジフライも身厚で絶品‼️美味しゅうございました


待ち時間にメニューを頼むので、席に着いてすぐにお料理が出て来ます
次から次へとお客さんがきています
大繁盛店


その後斜め前にある気になる古民家を移築したというカフェへ
d0158258_08202991.jpg

d0158258_08203012.jpg

靴を脱いで上がり
カウンターに注文しに行きます
d0158258_08203115.jpg

本日のコーヒーと美波亭のバウムクーヘン
うーん、酸っぱい
酸味の強いコーヒーでした
しかも、薄い
こんな感じどこかでのんだような〜
あ、ブルーボトルコーヒーで飲んだコーヒーに似ていました

帰りの時間までせっかくだから
海を見に
d0158258_08203152.jpg

もう少しで夕焼け見えるようだけど
それまでは待てないので
夕方の海を楽しむ
気持ち良いよ〜
ここから、登った鋸山見て
帰りの電車に乗りました
秋遠足楽しかった
鋸山の紅葉見所は今月下旬か、来月初旬あたりかな〜

本日の徒歩数19.984歩
階数だと、164階を登ったのと同じ
距離は12.2km

ふくらはぎがパンパン
[PR]
by suisuiringo | 2016-11-14 08:04 | 旅・風景 | Comments(2)

秋遠足《奥深い鋸山》その1

房総の鋸山
今まで数回行ったものの
地上から足で登るのは初めて
今まで知らなかった風景が満載
奥深いぞ、《鋸山》

昨年から行く予定なのに行けなかった
秋日和の日曜日行って来ました

リーダーさんの作った朝食を持って
千葉から普通列車で1時間
d0158258_08043792.jpg

d0158258_08043890.jpg

登山道は3コース
車力道で行きます
d0158258_08044035.jpg

曲がり道の良い場所に揚げたてのメンチ屋さん

d0158258_08044139.jpg

苔むした登山道が風情あり
人も少なく気持ち良いわ〜
d0158258_08044259.jpg

浜金谷の町が見えるよ

石切場は圧巻
d0158258_08044397.jpg

スケール感が出せないのが残念
d0158258_08044339.jpg



1時間あまりで展望台へ
d0158258_08044536.jpg

鋸山と言えば石仏です
この辺来ると観光客でたくさん
地獄のぞき
d0158258_08044541.jpg



リーダーが小さな石仏の方へ行きたいというので
【あそこは階段地獄だから行きたくなかったけど】

地獄のぞきは50人くらい並んでいたからパス
石仏コースへ階段降りたり登ったり
うわぁ〜トレーニングか!というくらいの厳しさ
登山の後だから、足がガクガクだわ

また、石仏のある所まで戻って、ふれあいコースで下山します
名前が柔らかいので少し楽なコースと思いきや
最後に何百段もの階段
しかも、踏面が20センチくらいしかない小刻みな階段
これが最後の地獄の階段
d0158258_09153395.jpg


やつと、トレーニング終了
続く

[PR]
by suisuiringo | 2016-11-14 07:47 | 旅・風景 | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧