カテゴリ:旅・風景( 462 )

2017年初夏のポーランドへ 23.妖精を探せ!

クラクフよりはずっとコンパクトな旧市街広場ですが、取り巻く建物が凄すぎます
d0158258_13114732.jpg

d0158258_13114760.jpg

d0158258_13114856.jpg

これで夜7時
太陽がまだ高いところにあり、お日様ジリジリ
あまりにもお日様が強くて目が開けられないくらい
そんな中、建物ばかり見ていると見逃してしまう
端っこ好きの彼ら
d0158258_13114801.jpg

d0158258_13114957.jpg

d0158258_13115098.jpg

d0158258_13115160.jpg

d0158258_13115187.jpg

ガイドブック見た時はそれほど興味なかったけど
こうやってみると、案外可愛いものです

夕食後、市庁舎前のイベントが楽しそうなので私も参加

笑顔が素敵なお嬢さん
d0158258_13115273.jpg

d0158258_13115286.jpg

ビーチで市庁舎を眺めながらまったり〜

[PR]
by suisuiringo | 2017-06-20 13:03 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 22.ヴロツワフ旧市街が素敵すぎる

ハラハラドキドキの平和教会からはあっという間にスイスイ帰って来て、ホテルにチェックインです
ヴロツワフは千年以上の歴史を誇る街で、旧市街の至る所に妖精が潜んでいます
200体はあるようですよ
見つけられるかな〜

あ!駅の中で発見
d0158258_12424007.jpg

ヴロツワフの駅もなかなか風情あり

d0158258_12424195.jpg

今夜泊まるホテルは駅前、目の前にあります
d0158258_12424294.jpg

一泊のみなので、立地優先
d0158258_12424234.jpg

ごく普通の古いホテル
もはや、クラクフのホテル・プゲトゥが恋しい

旧市街へは徒歩で15分ほど
d0158258_12593265.jpg

途中で見つけた
d0158258_12593306.jpg

見えますか?真ん中の建物の上に29.0Cと表示が!
いやに暑い、暑すぎると思ったら、まさかの真夏日!


ホテルのお姉さんに聞いた通りに歩いて行くと
d0158258_12593363.jpg

おー!なんだこれ!

旧市街広場の市庁舎
素敵すぎてびっくり
広場ではイベントが開催されていてオープンカフェやら、出店やら、賑やかです

ぐるりと回ってから、もう6時になってたし、
今日1日暑すぎてぐったりしてきたし
栄養補給しないと!

ガイドブックよればこの、市庁舎の地下に欧州一古いと言われている、ゲーテやショパンも立ち寄ったとされるビアレストランがあるとか
ビブニツァ・シフィドニツカ

d0158258_12593478.jpg

d0158258_12593559.jpg



入って見てびっくり
d0158258_12593539.jpg

左は外国人の団体さんが楽しそうにしています
私はここの席に通されました
d0158258_12593619.jpg

ここを背にして、食べ終わって席を立ったらこんなに赤く灯されてたの?とびっくりしました


サーモングリルと黒ビール
黒ビールが生涯でNo.1の美味でした
d0158258_12593790.jpg


ただし、ここでは現金払いのみ
後から入ってきた中国人カップル
さんざん、メニュー決めてからオーダーの時に言われて、帰って行きました

中世の世界に迷い込んだかのようなタイムトラベルしたようなレストランでした



[PR]
by suisuiringo | 2017-06-20 12:32 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 22.凄すぎる平和教会

バスの来た道を途中100メートルくらい戻って左側にあるはずが〜見当たらなくて坂の下に着いてしまいました
途中で2人のマダムに道を聞く
ガイドブック見せて、ポーランド語で返されるが、何とか、雰囲気で解読
お二人とも優しく笑顔で教えてくれました

行き過ぎてぐるりと大回りしちゃってた
d0158258_06531812.jpg

ここを左に曲がれば左側にあります

d0158258_06531916.jpg

ここが入り口、右側にカフェ

d0158258_06532096.jpg

おー!ガイドブックで見た!
d0158258_06532057.jpg

中に入りますよ
d0158258_06532158.jpg

あれ?切符売り場の方がいません
切符は10ズロチ 350円
キョロキョロ探すも誰もいない
中では数人見学中
まぁ、先に見学しといて、後でお支払いしましょう
後で気になって戻るとおじさんいました
きたんとお支払いしました

中に入ると、長年の古い木の独特の匂いと、足元からすーっと冷気が!この中ひんやりしています
そうそう、今日はものすごく暑い日です

何これ〜!
d0158258_06532149.jpg

d0158258_06532292.jpg

まるで、劇場のようです
何から何まで絵が描かれていて
天井にはたくさんの天使
こんなに素晴らしいなんて
ポーランドに来ることがありましたら、是非お勧めします

平和教会を残してくれてありがとう
ヤヴォルも素敵に違いない
後一つは残念ながら火災で焼け落ちたそうです

しはし、椅子に座り心ゆくまで眺めていました
なぜか、気持ちがほっとして
凄く落ち着きます
もっとここに居たかった

リトアニアの十字架の丘を訪れた時のような気持ち
ここに来て良かった
今回のポーランドはここに来る為のものかも
と、思うほど素晴らしい

さぁ、帰りのバスはどうかな?
入り口のカフェで脱水症状を潤す
d0158258_06532391.jpg

d0158258_06532344.jpg



滞在時間はカフェを含めて一時間
では、バス停へ
d0158258_06532434.jpg

な、なんと!
ヴロツワフまで、たくさんバスがあります
一時間に3〜4本
ありがたし、良かった、ほっ
地球の歩き方、ポーランド編は新しい情報を更新してもらいたいものです
これから行く人のために

16:17分のバスはすぐに来て、無事に一時間ちょっとでヴロツワフに戻れました
ハラハラドキドキだったけど、第六感を信じて良かった〜
奇跡的だったな〜と今日も冒険でした
[PR]
by suisuiringo | 2017-06-20 06:32 | 旅・風景 | Comments(2)

2017年初夏のポーランドへ 21.かなりの冒険でした

荷物はクラクフのホテルに預けてきたので、小さなリュックで来ました
ヴロツワフには、世界遺産の平和教会、ヤヴォルとシフィドニツァに行くために泊まることにしました

平和教会とは、この地方ではその昔住民の9割がプロテスタントのため、その後ハプスブルク家の支配下になっても、《寛容の場所》として認められ、向かい合わせに三つのプロテスタント教会が作られました
そして、現存するのが、ヤヴォルとシフィドニツァに残るふたつです

建築の際に様々な条件が課せられたため、木造で独特の教会になったそうです

で、当初はこの両方に行く予定を立てていました
バスの遅れを考えていなかった時です、笑
今日はヤヴォルに行って、明日シフィドニツァに行って、14:55のポルスキーバスてクラクフに帰るという、無茶な予定

でも、こんなに遅れるとは思わなかったのでどうする?
トイレも兼ねた、駅構内のインフォメーションへ
窓口のお兄さんに相談しながら、お兄さんは電車の方が一回乗り換えれば行けると、印刷までしてくれたのですが、言うこと聞かず
ごめんなさい

とにかくバス乗り場に行ってみるわ
これはミニバスなので、大きなターミナルから出るわけではなく、後ろの公園付近らしい
こらもネットで情報を集めたけど、再確認
ありました
あら?シフィドニツァ行きのバスが停まってる

乗っちゃえ

ガイドブックには
d0158258_06320806.jpg

と、書かれているのでシフィドニツァは無理かも?
度重なるバスの遅延に恐れをなす
ふたつも行かなくても一つだけ行って、あとはヴロツワフ探索すればよし
ヤヴォル行きのバスに乗ろうとしたのに、なせか?シフィドニツァ行きに乗る

ヴロツワフ→シフィドニツァ 6.5ズロチ 230円位
ドライバーさんは英語通じず
シフィドニツァの教会行きたいがこれで良い?
ポーランド語で、行ける、と言ってたと、思う
ひとり旅は、予定はあくまでも予定
いつでも自由に変えられる
いいや、シフィドニツァへ行こう

すぐに出発
乗りながら、大丈夫かな?帰りのバスの時刻もわからないし、シフィドニツァの教会への地図も持ってきていないけど〜
まぁ、なんとかなるでしょ
10時まで明るいから、その前には帰れるでしょ
本日ヴロツワフ泊です

ミニバス
d0158258_06320922.jpg


途中の風景
d0158258_06321019.jpg

d0158258_06321081.jpg

ここで降ろされる
終点でした
しかも、1時間で到着、ほっ
地球の歩き方〜情報違います
バス一本で行けます!終点です!

しかも、終点に到着する前に平和教会が垣間見えたので、方向はわかる!
帰りのバス停を聞くとあそこ!と指をさし
d0158258_06321178.jpg

さぁ!平和教会へGO




[PR]
by suisuiringo | 2017-06-20 06:05 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランド 20.ポルスキーバスに乗ってみる

ポーランドにはPKSという国営バスの他、私営のバスも多数あります
中でも、ポルスキーバスというのが、ポーランド国内全土に路線があり、便利&安価で、人気というので、私もヴロツワフまでの往復をネットで購入しました

なぜか?国営よりも、かなり運賃が安くて、キャンペーンになると、1ズロチ=35円という破格の運賃もあるとか
1ヶ月前までに買うと、割引料金でお安いようですが、私が旅の最終日程を決めたのが二週間前で、その割引にはあいませんでした

でもかなりお安いです
クラクフ→ヴロツワフまで片道11ズロチ 400円くらい
長距離バスでこれです

クラクフのバスターミナル
d0158258_06052984.jpg

クラクフは手前にショッピングセンターがあり、電車はその後ろ、またその後ろにバスターミナルがあります
d0158258_06053007.jpg

これが時刻表

d0158258_06053121.jpg

ここで、乗るバスの出る場所を確認します

d0158258_06053151.jpg

切符売り場
ポルスキーバスはネットで購入したので、乗るときにその印刷した紙を見せるだけ

d0158258_06053210.jpg

ポルスキーバスは二階建て
d0158258_06053331.jpg


ネットで購入する時に座席も選べます
テーブルついて向かい合わせに4人で座る席や、足元が少し広い席、などは追加料金
d0158258_06053303.jpg


二階の一番前はガラスから良く景色が見える!と思いましたが、ちょっと怖いかも、と無難に一階席の窓側にしました
二階は揺れるそうです

9:15発の予定でしたが、1人ずつ大きな荷物をバスの底に入れるため、時間がかかります
全員乗るのに10分遅れました
まぁ、これくらいは遅れるうちに入らないけど


9:15→12:25の予定
途中の風景が素晴らしく
d0158258_06053456.jpg

楽しめました〜
ポーランドとは、平原という意味らしいです
本当にずーっと、平地でした

あー、やはり
30分も遅れてる
結局3時間40分かかりました
長距離バスはプラス30分〜60分を見込んだ方が良いです

d0158258_06053406.jpg



[PR]
by suisuiringo | 2017-06-20 05:40 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 19.国立美術館にも行ってみた

クラクフの中央広場は中世から残っている広場としては、ヨーロッパ最大を誇る
第一回の世界遺産に登録されたという実績を見ると、いかに素晴らしい街なのか!
がわかりますね

どこみても中世です
そのど真ん中に建つ織物会館はその昔、織物取引所でした
一階は土産や手工芸品のモールになっていて、
二階はクラクフ国立美術館、地下には地下博物館があります

クラクフは昔、度重なる洪水の被害のため、元より4メートル土地を高くしたそうで、この辺りには当時の建物がたくさん、地下に埋まっているそうです

で、その美術館が日曜日は無料なので、入って見ることにしました
ちなみに、地下博物館は火曜日が無料

d0158258_05352580.jpg

カメラに収まりきれないほどの大きな作品

d0158258_05352509.jpg

とで綺麗な女性でした

久しぶりに絵画を堪能して
外に出ると、あー良い天気
久しぶりのお日様
お日様出ると風景が変わりますね

何度も載せていますが、再び
d0158258_05352633.jpg

d0158258_05352754.jpg

d0158258_05352796.jpg

フリーツアーのガイドさんたち
d0158258_05352871.jpg



夕食は揚げピエロギ食べてみました
ソフトな餃子みたい、でも中は野菜がほとんど
d0158258_05352889.jpg

お馬さんがひっきりなしに右から左から
お仕事しています
d0158258_05352906.jpg



[PR]
by suisuiringo | 2017-06-20 05:19 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 18シナゴークへ行ってみた

蚤の市の後、ヴィエリチカ行く前に、ユダヤ人地区のカジミエシュ地区に再訪しました

前回はお休みだったシナゴークへ
シナゴークとは、ユダヤ教の神殿だそうです
14世紀にカジミエシュ大王が、当時各国で迫害されていたユダヤ人の保護に熱心に取り込み、多くのユダヤ人が、クラクフに移り住んで来たそうです

カジミエシュ地区には多くのシナゴークがあります
チェコのプラハにもユダヤ人区があったのですが、その時は時間なくて行けませんでした
私は初めて入ります
d0158258_05192484.jpg

有料です 10ズロチ 役350円
d0158258_05192579.jpg

d0158258_05192675.jpg

こんな風になっているんだ〜

外に出ると、この門の向こうへ
d0158258_05192660.jpg

d0158258_05192703.jpg

古い時代の墓地でした

こちらはスタラ・シナゴーク ユダヤ博物館
d0158258_05192813.jpg


私はこの版画?に心温まりました
d0158258_05192861.jpg


昔も今も街並みは変わらないですね
d0158258_05192916.jpg

うーむ、どこかで会ったかのような?
d0158258_05192997.jpg


シナゴークへ入る門
d0158258_05193019.jpg




[PR]
by suisuiringo | 2017-06-20 05:01 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 17ヴィエリチカ岩塩坑はテーマパーク

英語グループのツアー始まりました
英語ツアー84ズロチ 約2800円
写真やビデオ撮りたい場合は他に10ズロチ 約340えん


はじめにイヤホンガイドを渡されて
164に合わせて、と言われ
え?どこ?スイッチ?どこ?
と、なぜか、慌てる日本のマダム
後ろのフランス人ご夫婦に助けを求め
ほら、164よ!ここ押して!
iciという仏語、ここ、という単語はわかりました、笑
あー、私、064にしてたんだわ、164まで押し続けて、3人で番号確認!
お騒がせしました
家族に《どんな時でも、落ち着いて行動!》
と、言われていたのに、ちょっと慌てたわ
こういう機械ものは苦手な分野〜

耳もセットできたので、まずは木の階段を降りる
降りる
降り続ける
途中、ぽーっと永遠に降り続けるのか?
と、思うほど降りたところで坑道へ

途中色々な場所がありました
すごく、シンプルな演出ですが
それがまた、良い感じ
何だか、ワクワクしてきて、ディズニーランドのようです
楽しいかも!
銅像も、壁画も、タイルに見える床もすべて塩でできています
d0158258_11181515.jpg

d0158258_11181687.jpg

d0158258_11181650.jpg

コペルニクスの銅像の前で
d0158258_11181780.jpg

聖キンガ礼拝堂
ここは70年かけて作られたそうです
d0158258_11181785.jpg

d0158258_11181861.jpg

d0158258_11181959.jpg

d0158258_11181910.jpg

d0158258_11182071.jpg

d0158258_11182052.jpg

ヴィエリチカ岩塩坑が観光向けに公開を始めたのが18世紀
かの、コペルニクスやゲーテ、ショパンも訪れたそうです



ガイドさんが、年配の男性で話口調がまた、俳優さんのようで、益々雰囲気たっぷり
残念ながら、音声も悪く、聞き取りにくく、英語は2割〜3割くらいしかわかりませんでした

最後には、お土産屋とカフェやレストランに通って出るというシステム
途中で、またかなり地下に降りたので
帰りは降りた分を登るのかな?という不安がありましたが
最後には、少人数ようのシャフトに乗って
地上まで一気に登りました
あー、良かった
楽しかったわ


帰りは、バス?電車?
電車は不安があるので、来た時に降りた、バス停へ行くとバスがあり、すぐに発車
やはり、来た時のように途中駅で電車に乗り換えるようです
途中、2駅くらいあったようですが、その辺りに行くと、バスを留めて、若いお兄さんの車掌さんが、駅に乗客がいないかどうか?を確認しに走る
と、いうことをしていました
途中駅は無人なので、こんな原始的な方法なんですね

来た時と同じ駅で降り、電車に乗り換えました
料金はバスの中で車掌さんに支払い3.5ズロチ
これは、電車専用の振替輸送だったようです

小さなハプニングでしたが
こんなこともあるんだなぁ〜とまた一つが学習しました

[PR]
by suisuiringo | 2017-06-19 10:51 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 16ヴィエリチカへ行くまでも、また、ハプニング

クラクフから南東に約15キロのヴィエリチカ岩塩坑へ
世界遺産です
英語ではWieliczca salt mine

クラクフ中央駅から、電車でも、バスでも行けるというので
時間に正確な電車で行くことにしました
電車だと、20分くらい、バスより早いようです
しかも、空港から乗った電車と同じ路線でもう少し先に行きます

d0158258_10510657.jpg

こちらは古いホームで今は使われていない
電光掲示板で行き先とホームの確認します
d0158258_10510780.jpg

12:10のヴィエリチカ行きがありました
d0158258_10510780.jpg

ここでも確認
d0158258_10510887.jpg

時間どおりで、ほっ
d0158258_10510957.jpg

中に入るとすぐに車掌さんがいて、切符を買います
これで安心
他にも数組ヴィエリチカへ行くような人々が乗り合わせました
何やら、車掌さんが大きな声で言っているようだけど、???
気持ち良く、車窓を眺めながら乗っていると

何やら、皆さんいきなり降り始めました
え?何?
バスが何とか〜って言ってるみたい
私も慌てて付いて行く
あるファミリーのお父さんに
《なぜ、バスに乗り換えるんですか?》
と聞いてみると
《いや、理由は言ってなかったけど、乗り換えるようにと言うことだよ》
あー、気がついてよかった
電車に取り残されるところでした
しかも、車掌さんは1人ずつに確認もしなかったし
電車でも、ハプニングって!
d0158258_10510985.jpg



駅を降りるとバスが待っていました
d0158258_10511054.jpg



ここからヴィエリチカ岩塩坑へ
まぁ、駅で降りるよりもバス停の方が近かったので、良しとしましょう
d0158258_10511199.jpg



ヴィエリチカに着いて、ガイド付きのチケットを買う列に並び15分ほどで買えました
13:30からのガイドツアーに参加します
見学を終えた日本人の団体さんがいました
あ、来る時の同じ飛行機に乗っていた方々です、笑
d0158258_10511174.jpg

d0158258_10511298.jpg







[PR]
by suisuiringo | 2017-06-19 10:28 | 旅・風景 | Comments(0)

2017年初夏のポーランドへ 15ハラ・タルゴヴァのアンティークマーケット

日曜日です
雨は降っていません!
朝食ももりもり食べて、いざ、アンティークマーケットへ

ホテルから徒歩10分、近かった〜
昨日のユダヤ人地区のアンティークマーケットが空振りだったので
こちらは期待半分で出かけました

旧市街出てすぐの郵便局前を、ホリデイイン前を通ってまっすぐ歩いて行くと
横断歩道があり
もう、人混みが見えてきましたよ
d0158258_03175798.jpg

アンティークというよりはガラクタ市のよう
何から何まであります
d0158258_03175784.jpg

d0158258_03175845.jpg

d0158258_03175976.jpg

d0158258_03175999.jpg

d0158258_03180047.jpg

d0158258_03180010.jpg

d0158258_03180124.jpg

d0158258_03180226.jpg

このおじさんとこで時計を買いました
初めはいなくて、隣のおばさんが出かけてる
と、ポーランド語で言ってたらしいので解読しました
お客のおじさんもいて
あとで、お店の人らしき人を見たので急いで駆けつけると
お客のおじさんが
《さっき、日本人がこの時計を聞いていたよ》と言っている最中でした

お気に入りがあると、お店の人にいくらか?を聞いて
英語ができない人ばかりで
携帯で数字を示すか?
ノートに筆談
値段交渉頑張りました
折れる人もいれば
絶対譲れない人もいて
そのやり取りも、ポーランド語と日本語

でもね、楽しかった〜
きっと、フランスやり取りもイギリスのようにおしゃれではないけど、見てるだけで満足
ポーランドのアンティークはロシアからきたものが多いようです
一時間もあれば一周できます


これらが戦利品
d0158258_03180232.jpg

なるべく小さいものを


一旦ホテルに帰って、荷物を置いたのですが
一番重い、左側の真鍮の水差しを出し忘れた
一日中持って歩いていたのでした〜!


[PR]
by suisuiringo | 2017-06-19 03:02 | 旅・風景 | Comments(1)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧