2017年 台湾研修旅行 十分で天燈を上げるの巻

夜中に何度も目が覚めたけど
ぐっすりと寝ての翌朝

ホテルにスーツケースを預けて、一泊の予定で九份へ行きます
まずは、台湾鉄道に乗って十分へ

窓口で切符を買わなくても特急の指定席でなかったら、これで入れます
d0158258_18251932.jpg

台湾のSuicaのようなもの
瑞芳と言う駅で乗り換え、平渓線に乗り換え、1時間半
十分に到着
d0158258_18252040.jpg

d0158258_18252093.jpg


この線路のすぐ脇に店が立ち並んでいて、電車がすれすれを通るので、通るときには歩行者も線路を開けて通過させます

d0158258_18252135.jpg

まずは、せっかくなので徒歩30分で十分瀑布へ
2015年から入場無料になったとか
d0158258_18252288.jpg

ここでしばしの、涼をとります

それにしても、あ、暑い!
d0158258_18252298.jpg


長袖一枚でも汗かきました

十分老街に戻り天燈を上げます
天燈とはランタンのこと
願い事を毛筆で4面に書き入れて
d0158258_18252316.jpg

お兄さんが下に火を入れたら膨らみました
さぁ、手を離して
飛びます!飛びます!
d0158258_18252427.jpg

d0158258_18252517.jpg

朝は少なかったのに、午後になるとこの混雑さ
あちらこちらで、飛んでいますよ
d0158258_18252562.jpg

夜が幻想的でロマンチックな雰囲気でお勧めらしいですが
私達はこれから九份に移動なので
ここで十分を後にします

ここに来て、ようやく、台湾に来た‼️
と言う感じになりました
天燈上げ、楽しかった〜





[PR]
by suisuiringo | 2017-01-07 18:05 | 旅・風景 | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧