バルト三国レポ トイレ事情

バルト三国のトイレはほとんどが有料でした
駅の中のトイレでさえ
一番安かったのはリトアニアシャウレイのバスターミナルのトイレ0.2ユーロ
他はほぼ0.5ユーロ
タリンの野外博物館だけは無料でした

トイレの外の機械に入れて、ドアの施錠が開き、入って男女別に入るシステム、又はトイレの入り口に門番のようなマダムにお金を払うシステム
イタリア、チェコ、ウィーンでも同じ

有料ですが、安心して入れるトイレです
他では街歩きの途中で行きたくなったら
なるべくHotelに帰りました
だから、Hotelの立地は大事
あとは、レストランやカフェに行った時に使いました
どの、レストランもカフェも素敵で、トイレもそれぞれ素敵なので、これも楽しみです

今回はトイレの心配は1つもなく、安心でした
ただし、コインをいつでも持っていないと使えないので、あらかじめコインは少々必要です

ちなみにフィンランドのヘルシンキではデパートや施設では無料でした
1日しか滞在していないのでわかりませんが、有料は見ていません

いつも外国行って思うのは日本のトイレ素晴らしさ
清潔なのにどこでも無料なこと‼️
これは世界一だと思います
ウォシュレット付きもあり
しかもトイレットペーパーも高品質
柔らかく、ごわごわしていない
ティッシュペーパーも然り
日本にいると、トイレは無料が当たり前だと思いますが、外国では当たり前ではないのです

ラトビアのリガの裏道
d0158258_11025659.jpg

こういう裏道大好き!
細い道が多く、少しイタリアのベネチアを思い出しました

ネコの家
d0158258_11025739.jpg

シンメトリーになっていて反対側にもネコがいます
そして、もっと素敵なのが
d0158258_11025762.jpg

猫の家の入り口玄関
この色の組み合わせ〜さすがです

[PR]
by suisuiringo | 2016-10-01 10:48 | 旅・風景 | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧