バルト三国 エストニア①バスでタリンへ

昨夜は熱いお湯が出て幸せでした
今朝も4時に
起きてしまったので朝風呂

10時発のバスに乗る前に
時間があったので中央市場の外の屋台へ
ちょうどお土産屋さんが準備中
見ると、何だか良い雰囲気の木の壺あり
買いましたよ
これで、リガの買い物終了

隣のバスターミナルに歩き
バス乗り場で待ちます
d0158258_04123120.jpg

電光掲示板があるのでわかりやすい
時間前に到着のバス
d0158258_04123200.jpg

大きくてピカピカ
d0158258_04123358.jpg


係員が荷物に数字の書いたシールを貼ってくれ、半券を予約票にも貼ってくれるという丁寧さ
応対も感じ良し
バスに乗り込んでドライバーさんに予約票とパスポートを提示
こちらも笑顔で気持ちの良い応対
席も確認してくれます
d0158258_04123356.jpg

良いバスですね
日本でネット予約したのですが
リガ➡️タリンまでで14ユーロでした
時間によっては値段が変わるという面白いシステムです
後ろにコーヒーメーカーもありますと、アナウンスがありました

隣には青年が座りました
私がくしゃみしたら
《Bless you!》と言ってくれたのです
《Thank you》
アメリカ人かと思ったら
リガの大学で勉強中のオランダ人だそうで
4日間のタリン、ヘルシンキへ旅行だそうです

バスは満席で出発です、タリンまで4時間
途中一度トイレ休憩5分
急いでトイレへ、もちろん、バスターミナルのトイレだけど、有料0.4ユーロ
個室にペーパーがないと思ったら、入り口の壁に1つありました
入る時に必要な分を持っていく方式だった

バスに戻り、コーヒーを入れようとしたら
ちょうどドライバーさんもコーヒー入れる所で一緒に作っていただきました
トイレに立つときも、戻って来る時も、隣の青年はいつも笑顔で、すっと立ってくれました

私の席は窓側
お陰で楽しく外を眺められました
d0158258_04123537.jpg

林の向こうは海だったり、白樺林だったり
d0158258_04123594.jpg

街に近づくにつれ、何だか今までの国と違う雰囲気
道路も車も家も綺麗で
デザインを感じます
バルト三国と、まとめて言ってしまったら、悪いくらいそれぞれ違うものですね〜
旧市街はどんなかしら?
楽しみです
そんなことを感じていたらバスターミナルに無事に到着

タリンのバスターミナルバスから旧市街へは離れているため、時間の節約で、Hotelまでタクシーを使いました
いざ、旧市街へ


[PR]
by suisuiringo | 2016-09-20 02:44 | 旅・風景

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧