北欧オーロラ物語 スウェーデン編ヘヤードライヤー

ツアーの出発前の書類にそれぞれのHotelの情報が書いた紙があったのに、よく、読みませんでした

今回は日本から添乗員さん付きのツアーで、すっかり気が緩んでいたのかも
こんなツアーは初めてでしたからガイドブックも買わず
このキャビンにはヘヤードライヤーはありませんでした
すっかり忘れてた、真冬だったんだ、しかも猛吹雪

添乗員さんが気を利かせて、Hotelにリクエストしたら、8台ほどあるので、夕食後キャビンに帰る前にフロントで借りられます
と、皆さんに説明していました

今夜こそ、オーロラ観測に出るぞと、お友達になったkちゃんと9時に出ようと約束
フロントで借りたら、最後の1台ですって、ラッキー

と思ったら、後ろにも母娘で参加されている方が並んでる
私が9時に観測に出るので、その間に使って、終わったら、キャビンの玄関ドアの右側に用具入れのような扉があるから、そこに入れてもらうことにしました

しかし、キャビンに移動する時には既に猛吹雪
今夜はダメだね
とそれぞれのキャビンへ
キャビンの窓から何度も空を見るが、一瞬止むけど、また、吹雪
もう今夜は諦めて、シャワー浴びてサウナに入ろうと、サウナも点火

そうだ、ドライヤーはどうかな?
この猛吹雪の中、持ってきてくれたのかしら?
上に軽くUNIQLOの短いダウン着て、足元はクロックス
玄関ドアをあけたまま、用具入れのドアを開けようとしますが、凍っていて、なかなか開かない、両手で開けたと思ったら、もう一つのドアが、強風でガッチャンと、閉まる

あ!あ〜‼️❗️‼️
カードキーで、オートロックだった!
クロックスでは添乗員さんのキャビンまでたどり着けず、外は真っ暗で猛吹雪
どうする?
そうだ、お隣さん
お隣さんは、何度も会話したことあるご夫婦
夜分にknockして、助けを求める
丁度、玄関ドアの隙間から雪がどんどん入ってくるから何とかして欲しいと、言いに行こうと思っていたらしいです
私のために、猛吹雪の中、ご主人が添乗員さんのキャビンまで行ってくださり、添乗員さんはロビー棟まで行って、新しいカードキーを作って来てくれました

あーやっちゃったね
その後、シャワーあび、サウナで体を温め、ヘヤードライヤーで髪の毛を乾かして、ぐっすりとはいかないけど、寝ました

家庭用サウナ 三段あり
d0158258_13213887.jpg

d0158258_13213872.jpg


という、ホワイトクリスマスでした笑


翌朝も真っ暗で猛吹雪
d0158258_13213825.jpg


ベランダ側、何も見えず
キャビン前もより一層埋もれた感あり
d0158258_13213956.jpg


朝7時に朝食で、8時出発なので出掛ける用意をして、外に出るも、まだ猛吹雪
ロビー棟まで、登りで200メートルほどだけど
玄関ドアを開けて、猛吹雪を見て、ドアを閉める
で、一息ついてから
決死の覚悟で、キャビンから道に出ようとしても、腰まで雪に潜ってしまう
真っ暗の中
隣のキャビンに人が通った後を歩きました
ここで、ゴーグルが役に立ったのです
もちろん長めのスノーブーツも
まさかね、猛吹雪が待っているとは
という、26日が始まりました

つづく
[PR]
by suisuiringo | 2016-01-04 12:52 | 旅・風景 | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧