プラハとウィーンのトイレ事情

イタリアでは有料トイレに入るならバルに入ってエスプレッソを飲んで
お店のトイレを借りていました

チェコのプラハ、チェスキークロムロフ、オーストリアのウィーンではどうしたか?というと
公共のトイレに入ることが多かったです
イタリアでは1ユーロでしたが、チェコでは10コロナ(60円位)、ウィーンでは0.5ユーロ(70円位)
公共トイレでは必ず入口に係の方がいてお金を払って入ります
時にはイタリアのように機械が設置してあるところもあります
うっかり、誰もいないと思って入って行ったら呼び止められたこともありました
ウィーンのシューブルン
宮殿で豪華だし、トイレもとても清潔でした
他の公共トイレもほぼ綺麗で大きな荷物を持っていても広くてゆったり入れます
基本的にはトイレは全て有料です
たまに、図書館や美術館では無料ですがごく稀です

ヨーロッパではこの制度に慣れていきますが
日本はトイレはどこも無料、有料トイレも少しはありますが
無料って素晴らしすぎる!しかも清潔!ウォシュレットもあるし!
これは世界的に見ても素晴らしいことだと思います
ウィーンの郊外のヴァッハウ渓谷へ行って帰りの最寄駅でのトイレ
これも良いアイデアですね
d0158258_7382060.jpg

ヨーロッパではトイレ用の小銭を持ち歩かないと困るので注意

d0158258_739117.jpg

画像はプラハの旧市街の市掛け時計のある広場
朝は静かですがその後はとっても賑わうカフェ
[PR]
by suisuiringo | 2015-10-22 07:43 | チェコ レポ | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧