2015ひとり旅 チェコ&オーストリア 美しすぎる図書館&ビール

プラハの観光といえば旧市街の旧市庁舎のからくり時計とカレル橋、プラハ城が有名所ですが
私がガイドブックを見て一番気になったのが
ストラホフ修道院の図書館
イタリアでも素敵な図書館を垣間見た覚えがありますが、ここは特別でした

プラハ城から地図を片手に修道院まで徒歩で10分位
思ったより近かったストラホフ修道院
二階の図書館を公開しています
d0158258_9135699.jpg

入場料は100コロナ(580円くらい)他に写真を撮るのなら、カメラ代50コロナ(290円くらい)を支払います

中には入れず図書室の入り口から中を眺めるという形ですが、係のおばさまに
≪日本人か?中国人か?≫
と聞かれ日本語で書かれた説明書を渡されます

見てみましょう~
(哲学の間)
d0158258_759257.jpg
d0158258_7594161.jpg

(神学の間)
d0158258_804494.jpg
d0158258_805778.jpg

どちらの間も美しすぎて息をのみました
天井のフレスコ画も、蔵書も凄すぎる~
チェコは戦争の被害を受けたことが無いので、今まで現存できたのです
美しすぎる物の前で、ここを離れたくない気持ちがいっぱい
あとで調べてみると、数々の映画のロケにも登場しているようです
来て良かった~
ガイドブックにはほんの小さなスペースにしか載っていないのですが
そんなところこそ面白いと思います
(あ~中の床に寝転んで天井を眺めてみたい!)

後ろ髪をひかれつつも図書館を出ると
向かい側にビールレストランがありました
まだ時間もあることだし、ビールでも飲もうか~
d0158258_8111336.jpg
d0158258_811309.jpg

d0158258_8132753.jpg

まずは黒ビールとちょっと軽い物を食べたいな~
英語のメニューをもらって
見てみますが、英語のメニューって何度見ても難しい
で、決めたのですが、これだったの~!!!
d0158258_8131280.jpg

巨大な白ソーセージの上に玉ねぎのマリネがどっさり(1か月分のマリネ)
おいしいです、美味しいですよ、でもね、量が!
d0158258_815157.jpg

これからどこへ行く?どうまわろうか?と一人作戦会議(こんな自由さがひとり旅の醍醐味)
ソーセージはまだ格闘中、ビール(小)も追加、次はアンバー
d0158258_816520.jpg

ここのビールは3種類
d0158258_8162714.jpg

チェコといえばビールだそうで、確かにスッキリコクがあって飲みやすい
しかも安い
昨夜の初の屋台のビールも美味しかった~
周りを見るとビールを飲んでいる人たくさん
でもね、ガイドブックに書かれているように
チョコの人はビールをコーヒーを飲むようにちびりちびりと時間をかけての飲むそうで
たしかに、皆さんつまみはなしでビールだけ注文しておしゃべりしながらゆっくり飲んでる
で、巨大ソーセージは半分まで食べましたが、そこでギブアップ
これで600円ほどだったのですが(ビールは200円くらい、チェコビール万歳!)
チェコで初レストランで、チップをたくさんあげてしまったようです
チェコでは席についたまま、≪お会計お願いします≫とボーイさんを呼んで
現金又はカードで支払います
どうもまだ、チェコのコインの種類がわからず
しかもここ、ユーロ払いができるので、現金ユーロで払ってコルナでお釣りをもらうという複雑さ
まあ、これも経験さ


さあ、まずは12時からのプラハ城の聖ヴィーツ大聖堂に行ってみましょう

つづく
[PR]
by suisuiringo | 2015-07-18 08:39 | 旅・風景 | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧