三角ちまき~研究

今日は研究日

こどもの頃母方の祖母がよく作ってくれていたもち米を笹の葉でつつんでつくるちまきに挑戦!
中国に長く住んでいたので現地名zongzi(ツォンズ)から≪ずんず≫と呼ばれていました
笹の葉は乾燥のが売っていました
d0158258_172875.jpg

これを重曹を入れてお湯で煮ます
d0158258_17283293.jpg

二枚を使ってなんとか三角に~
d0158258_17285159.jpg

これを1時間中火で茹でます
d0158258_17291254.jpg

できたら水の中に入れておきます
さあ~試食です!
d0158258_17295246.jpg

黄な粉と砂糖でいただきました
とっても懐かしい味、素朴な味です
祖母にいろいろ聞きたかったけど、もう遅かった
きっと空の上で小さく笑っているような気がします

おまけ
笹の葉が最後に足りずアルミホイルで作ったひとつ
d0158258_17314199.jpg

笹の葉の香が無くて残念な味でした~

地方によってもアジアの各国によっても包み方や中に入れるものが違うようです
九州の南部では灰汁に漬けた餅米を使うので灰汁巻(あくまき)ともいうようです

中にあんこやなつめなどを入れても美味しそうですね
一応成功ということで良かった良かった~
次回は中華おこわに挑戦の予定です
[PR]
Commented by みっちゃん。 at 2013-06-23 23:14 x
うちの母は新潟の人なのですが 「ちまき」 一緒に作りましたよ。
田舎からササの葉が送られてきた時に。
もち米を包んで 煮て 黄粉にお砂糖と塩を少し入れたものを付けて食べました。
ちょっと形が違うかな。
Commented by suisuiringo at 2013-06-24 07:05
みっちゃん
そうなんだ~
形はどんなかな?
私が食べていたのはこの三角だったのよ
by suisuiringo | 2013-06-23 17:35 | つくる 食 | Comments(2)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧