夏のいらないおまけ

毎年この時期になると肌トラブルがあり皮膚科へ行きました
20人待ち・・・ひ~
番号制で番号が電光掲示板に出るようになったので、気長に待つしかないです

1時間待ち  思ったより早かった
診察10秒  いつものお薬をもらうだけなので早いです

待合室で子どもが水いぼで~と耳に入りました

水いぼと言えば長女が低学年の時に
背中にブツブツが出来て皮膚科へ
湿疹だと言われ薬をぬるようにと渡されました

毎日せっせと塗り続け、でもなんだか大きくなってる?
別のちょっと離れた皮膚科へ
先生に『水いぼです、大きくなりましたね!』と言われ
事情を話すと先生苦笑

その場で処置していただきましたが
水いぼってピンセットでつぶすのだそうで(今はどうかな?)
カーテンの向こうからは長女の泣き叫ぶ声が・・・・ごめんね

友人も大人になってから水ぼうそうにかかり
初め行った病院では顔に吹き出物が・・・
と言うと『外科的処置をしましょう』とつぶされ
でも数日してもまだ出てくるので心配になって
別の大きな病院へ行って待合室に座っていると
通りがかったナースに『あなた、水ぼうそうでしょ?』と言われたそうです

外科的処置されたところは跡が残ったそうです

医者と言っても人間だから間違いはあります
でもこれって初歩的ミス???

そのあと水いぼを発見できなかった皮膚科にはもちろん二度と行っていませんし
長女も再発はなかったし、次女もノー水いぼ人生でしたので、良かった良かった

[PR]
by suisuiringo | 2011-07-01 12:23 | くらし | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧