穴があったら入りたかった話

娘達は幼稚園2年保育にしました
それまでは日課のように午前中と午後の2回は公園へ

たくさんの同い年の子や年上年下の子たちと遊び
うんていで猿のようにつたわり
公園内を走り回り
高いところに登ったり降りたり
すべりだいやぶらんこを乗りまわし
体操教室などまったく必要のないほど活発に運動していました

長女はおてんばでいつも半ズボン
スカートはかせても『元気なお坊ちゃん』と言われるほどでした
私のお気に入りのマッシュルームカットのせいかも?
いつのまにか公園の主のような存在で
どのおばちゃんともお友達
時々は私の知らない人ともご挨拶していました

公園で遊んだら隣のスーパーでお買い物して帰るコース
ある日
スーパーの店内で長女が見当たりません
探しまわったら
その当時のスーパーにはテーブルといすのセットが置いてあって
休憩できるようなコーナーがありました


なんと、知らない家族と一緒に何か食べている様子
『すみません、この子の母ですが~』
『ごめんなさいね、食べる?ってきいたら食べるっていうので一緒に食べていたんです』
とその家族のお母さん

きっとじろじろ見ていたんでしょうね~

お菓子パンをいただいて一緒にお食事していたんです

母はとっても恥ずかしくなって、穴があったら入りたいって
こんな様子なんだな~と思った話です
[PR]
by suisuiringo | 2011-05-27 12:38 | くらし | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧