ミルウォーキー 2009 5月 帰国のハプニング

帰国日朝便でミルウォーキー空港からシカゴ経由で帰ります

リサにさよならして、マイケルに空港まで送ってもらいました

ミルウォーキーからシカゴまでは車で2時間ですが、飛行機だと真上に上ったらすぐに降りるような距離だよって言われていました

まずはチェックインで、スーツケースが重量オーバーで150ドルの支払い
マイケルが『信じられない?間違えじゃないのか?』と言っていましたが
払うしかなく・・・ショック

飛行機が来ません・・・・待ちくたびれて・・・1時間10分遅れでようやく機内へ

機内に入る寸前、手荷物で割れるものを大量に入れたのに、それを預けるように言われ、渡してしまいました
小さい飛行機なので荷物が座席に入らないようです
割れるものなのに~何故渡したのか~そのへんで頭真っ白 ショック

シカゴ到着
手荷物を受け取りました
ゲートへの移動がわからないし、行きのカウンターで帰りの何かをもらっていたのに、どうも捨ててしまったようで、なんとかANAのカウンターに行かないと~ってすぐに案内所を見つけ走りこみ

『この飛行機に乗るんです』って説明したら、なんと離陸の20分前じゃないですか~?
(うへ~自分でもびっくり、ショック)
『時間がない~』
係のおばあちゃまが、シャトルバスで行けるから乗り場に案内してくれることになりました
(大丈夫かな?でも、信じるしかない)
地上に降りてバスに乗り、すぐに乗るはずのゲートにたどり着きました

そこのカウンターにEチケットのコピーを出すと、何も問題なさそう、大丈夫でした
『お客様~、ビジネスクラスに変更します』
『え”~』
と同時に搭乗の時間になり、ビジネスクラスに乗り込みました
(超ギリギリ~汗~)

d0158258_1231152.jpg
d0158258_1231885.jpg
d0158258_12311593.jpg
d0158258_12312334.jpg


はじめての経験で何も分からず、椅子の倒し方、テレビの見方すべて乗務員のお姉さんに聞きました
すぐに、シャンパンが運ばれ、割れるグラス、割れるお皿で来るんです
ランチョンマットも敷かれ、食事は和食洋食から選べて洋食にしましたが、メインのステーキの写真は撮り忘れました
快適すぎるフライトなので、眠らず、映画を見られるだけ見て、たくさん食べて、たくさん飲んで
(しょっちゅうお姉さんが聞きに来るんです)
日本までお姫様待遇
こんな世界もあるのね~
たぶん一生で最初で最後の経験です
150ドルでビジネス乗れた・・・ので良いことにしましょう

ドキドキいっぱいの帰国でした
心配だった割れるものいっぱいの手荷物は全部無事でほっとしました

長すぎた2009ミルウォーキー記終わります
[PR]
by suisuiringo | 2010-12-03 12:41 | 旅・風景 | Comments(0)

つくること&雑記&ひとり旅


by suisui
プロフィールを見る
画像一覧